重度の貧血です。ステロイドの量について相談させてください。

2021/12/24 10:09

ベスト
アンサー

宮 直人 日本獣医救急集中治療学会 RECOVER CPR受講

  • 奥沢すばる動物病院
  • 得意動物: 犬 猫   得意分野:呼吸器疾患 産科疾患 腫瘍疾患 救命救急
ステロイド薬の1日1回ないしは1日2回の使用量については、貧血の原因を重度の免疫疾患に起因すると考えるか否かで推奨量が変わってきたものと思われます。
薬の使用量に関しては一般的に○mg/kgと言う表記を用い”体重1kgあたりに○mgの薬の量となる”として用量の計算をしています。

まず、一般的なステロイド薬の使用量は抗炎症量:0.5mg-1.0mg/kg/1日1回を用いる場合が多いです。また、免疫抑制作用を求める場合:1.0-2.0mg/kg/1日1回とすることが多いと思われます。重度の免疫疾患(例えば免疫介在性溶血性貧血:IMHA)が想定される場合には2.0-6.0mg/kg程度に増量することもあり得ますが、この場合にはかなり高用量となるため1回の使用量を減らすために、例えば2mg/kg/1日2回(総量では4mg/kg)での使用とすることもあります。

この様に期待する効果あるいは予想される副作用などを考慮した上で薬の投与量決定はなされるため、現状、ご相談の子に対してはどういった疾患を想定して使用するかで意見が変わってきているのではないかと予想いたします。