猫の膿胸について

2023/01/01 19:43

フミ

滋賀県・30代・男性

年齢 4 才 10 ヶ月
(正確な年齢は不明)
性別 メス(去勢・避妊済み)
品種
種別 ミックス(雑種)
詳細 完全室内飼い 三種混合ワクチン毎年接種
いつから 1週間前
相談時の体重 4kg
相談種別 呼吸・咳・くしゃみ

現在近くの動物病院で膿胸の治療を受けています。
そこの先生から液体に近い膿は抜けるがドロドロとした膿はチューブを通らないので物理的に抜けないから抗生物質を打ちながら感染症を抑えて後はこの子の生命力に賭けて固まった膿が分解されていくのを見守るしかないと言われています。
抜ける膿は抜いてもらっているので現状呼吸が少し荒い程度ですんでいるのですが本当にそうしていくしかないのでしょうか?
親切に対応して下さる先生なので信頼はしているのですがちゃんと元気になってくれるのか不安です。

獣医師からの回答

ベスト
アンサー

片山政都 ロイヤルカナン認定栄養アドバイザー、救命救急資格

  • ブルーム動物病院(神奈川県横浜市鶴見区梶山)
  • 得意動物: 犬 猫  得意分野:猫伝染性腹膜炎(FIP)、呼吸器科、栄養アドバイス
はじめまして。よろしくお願いします。
膿胸の場合は、まずはエコーガイド下で針で抜去してみることかと思います。その先生が言うように、膿塊の様になって針で抜けきれないものもあります。もしドレーンが入れられるようであれば、もしくは鎮静下で処置しているのであれば、生理食塩水で洗浄してみると膿塊も少しふやけたりして抜けるようになるかもですが、基本は抜去してみることかと思います。その後は、抗生剤で治ってくれるのを待つのみかと思います。しいて言うのであれば、膿の培養検査は、私の場合は出しておきます。