鼻や身体にかさぶたのようなできものがある

2022/06/15 11:30

ゆず

石川県・30代・女性

年齢 0 才 5 ヶ月
性別 メス
品種
種別 サイベリアン
詳細
いつから 1週間くらい前
相談時の体重 1.8kg
相談種別 皮膚・耳・鼻

1ヶ月ほど前にワクチンを打ったのですが、そのあとに左後ろ足の太もも部分と肩甲骨やや下にぶつっとしたものが触れるようになりました。
ややかたく、かさぶたかな?と思って様子をみていました。
1週間ほど前に目と目の間、鼻の上の皮膚のあたりに同じような感触のものがあり、めやにが固まったのかしらと思い拭ってみたところ、茶色いイボのようなものができていました。
触って嫌がったり痛がるそぶりはないのですが、写真を見返しても1週間以上前にはなさそうなのです。
身体にできているぶつっとしたものも、大きくはなってないのですが、消えていません。ただ、毛が厚いので皮膚まではしっかりみえておらず、こちらもイボなのか別のものなのかわかっていません。
食欲はあるし、元気に走り回ってるし、触っても嫌がらないので病院に連れて行くべきか悩んでいます。
癌とかの深刻な病気じゃなければいいのですが、そもそも原因も気になっており、次回ノミダニのお薬をもらいに行くときまで待っていいのか、すぐにでも診てもらったほうがいいのか知りたいです。

獣医師からの回答

後藤 慎史 アジア獣医皮膚科学会理事、日本獣医皮膚科学会所属

  • 北川犬猫病院(東京都板橋区南常盤台)
  • 得意動物: 犬 猫  得意分野:皮膚疾患、耳疾患
初めまして。
ヒフカフェ動物病院および北川犬猫病院の後藤です。
若い猫ちゃんで多い皮膚疾患としては、感染による皮膚疾患、アレルギー性皮膚疾患などが比較的多いです。
皮膚検査、被毛検査などにより診断および、除外します。
中には全身状態を落としてしまう疾患もありますので、病院の受診をお勧めします。
ベスト
アンサー

片山政都 ロイヤルカナン認定栄養アドバイザー、救命救急資格

  • ブルーム動物病院(神奈川県横浜市鶴見区梶山)
  • 得意動物: 犬 猫  得意分野:猫伝染性腹膜炎(FIP)、呼吸器科、栄養アドバイス
はじめまして。よろしくお願いします。まだ若いので心配ですね。
逆にまだ若いので、悪い皮膚のガンとかはかなり可能性としては低いかと思われます。ただ、1週間前にはなかったのにあるのは少し心配ですのでねんのため病院さんに行かれた方が良いかと思われます。複数個所同じものがあるので、なにか原因があるのかもしれません。