噛み癖と威嚇(吠え)で困っています…

2022/06/05 20:41

あお

沖縄県・20代・女性

年齢 3 才 3 ヶ月
性別 オス(去勢・避妊済み)
品種
種別 柴犬
詳細
いつから 一歳になった頃から
相談時の体重 13kg
相談種別 しつけ・懐き

医療とは関係ない話で申し訳ないのですが、本当に困っていてもう手の施しようもないので、相談させてください。
りくを飼い始めたのは最後5ヶ月頃からで、ペットショップにいた時はかなり痩せていて(肋骨が浮き出るほど)下痢をしており、素人の私が見ても健康状態は良くないと判断できるほどでした。その状態があまりにも可哀想でうちに迎えたのですが、フードアグレッシブとあまりに強い縄張り意識にもう3年弱悩まされています。
1年半程噛み癖専門のトレーナーにも預けましたがほぼ効果はありません。
具体的な話をすると、まずご飯をあげると取られないように必死に守る体勢になり、リードをつけてどこかに固定していないと本気で噛んできます。噛まれて出血し病院にかかったことも一度や二度ではありません。飼い主や家族を含め、周りに人がいると吠え続けて噛みに行こうとしてご飯を食べようともしません。正直、ご飯をあげるたびに噛まれそうになるので怖くて堪りません。
また、自分の身の回りにある物に触れようとするとご飯と同様に噛んできます。
この様なフードアグレッシブや噛み癖、吠え癖、極度の怖がりなどは年齢を重ねると少しは落ち着いてくるものなのでしょうか…
それともりくが寿命を全うするまでずっと噛まれる事に怯えながら一緒に過ごして行く他ないのでしょうか?
噛み癖を軽減するような対策などはあるのでしょうか…?
もし、この様な状況の犬に詳しい先生がいらっしゃいましたら救いの手を差し伸べて頂けますと幸いです…。

動画は訓練所に出す前ですが
今もこの状況とほぼ変わりません。
リードをつけていないとこの勢いのまま噛んできます。

獣医師からの回答

窪田豊

  • エルムペットクリニック(神奈川県川崎市川崎区大島)
初めまして、獣医師の窪田と申します。よろしくお願いします。

こういったわんちゃんのお困りの行動も獣医師の治療の範疇ですのでお気になさらないようにして下さい。行動異常といっても何らかの疾患、特に神経疾患で引き起こされることがありますので、疾患が隠れていないかどうかも診断する必要があるでしょう。

さて、件の柴犬さんですが、行動治療かトレーニングを要する状況かと考えられます。行動治療を専門に行える動物病院にご相談なさるか、ご褒美を使ったトレーニングを推奨するトレーナーさんにご相談なさるかがよいと考えられます。手法は様々ありますが、罰を使う躾はオススメしません。行動の改善は期待できると考えられますが、数ヶ月、あるいはそれ以上の時間がかかると思います。

行動治療を補助する方法として内服薬の使用も必要となるのではないでしょうか。安定した効果が得られるのに1-2ヶ月かかる薬もありますので、行動治療をしながら獣医師に相談するのがよいと考えられます。

沖縄県で行動治療ができる獣医師やトレーナーさんを探すのは大変かもしれませんが、柴犬さんの攻撃行動を根本から変えるには必要なことだと考えられます。
ベスト
アンサー

片山政都 ロイヤルカナン認定栄養アドバイザー、救命救急資格

  • ブルーム動物病院(神奈川県横浜市鶴見区梶山)
  • 得意動物: 犬 猫  得意分野:猫伝染性腹膜炎(FIP)、呼吸器科、栄養アドバイス
はじめまして。よろしくお願いします。
せっかく保護していただいたのに、そのような状況になっていることなんとかしてあげたい気持ちです。わんちゃんもろっ骨が出るほどなのであまり良い環境でないところでのなにかフラッシュバックのようなものもあるのではないかと思いますが、優しい飼い主さんに保護してもらったおかげで動画の感じだと体つきはふっくらしてきているように思われます。
さて、本題ですが、状況としては早急な対応をした方がよさそうに思われます。
軽度の症状であれば、ジルケーンというサプリメントから始めてみるのも一つですが、症状としては重そうですので、フルオキセチンというお薬でやってみるのも一つかと思われます。常同行動などで使われるお薬です。少しホワッとさせてあげるお薬なので、効いてくれると狂暴な感じも少しおさまるかもしれません。