唸った時の対応の仕方

2022/04/03 21:59

みーちゃん

東京都・30代・女性

年齢 3 才 0 ヶ月
性別 メス(去勢・避妊済み)
品種
種別 トイプードル
詳細 ティーカッププードル
いつから 2歳になってから
相談時の体重 1kg
相談種別 しつけ・懐きなどに関する相談

2歳になってから、唸るようになってきました。
基本的に、旦那に対してだけ唸るのですが、
どんどんエスカレートしてきており、
最近は噛み付くこともあります。
旦那が帰ってきた時に昔は喜んでいたのですが
今はものすごい吠えます。
私と話している時もやきもちなのか旦那に唸ったり、散歩から帰ってきて足を拭こうとするのも唸ります。
嫌いなのかと思いきや、
自分から旦那の膝の上にいくこともあり、
私がいない時は旦那に触られても普通です。

今は唸ったら一言"あ!"と言ってそのあと無視してハウスにしているのですが、それで改善されてないので対処法を変えるべきか悩んでいます。
唸るのをやめさせるしつけ方があればご教示いただきたいです。

獣医師からの回答

窪田豊

  • エルムペットクリニック(神奈川県川崎市川崎区大島)
はじめまして、獣医師の窪田と申します。よろしくお願いします。

状況を拝見するにあたり、少し心配な行動が生じてきたように思います。

まず、唸る、噛み付く、は"怖い"、"嫌だ"、などのネガティブな感情の訴えなのではないかと思います。話しているときに主人に唸る、足を拭くと唸る、いきすぎると噛み付く…は「何か」が原因で本人がネガティブな感情を発している状態ではないでしょうか。唸るや噛み付くなどは本人が「何か」から逃れる手段であるため、繰り返しているとエスカレートすることが考えられます。唸る・噛み付くが起こらないように接するのが応急処置と言えるでしょう。また、ご主人の帰宅を止めるわけにはいかないので、帰ってきたその瞬間に良いことがあるように仕向けたり、吠えることよりももっと興味を引くものを与えれば良いかもしれません。

とは言ったものの、行動治療は簡単なアドバイスだけでは根本的な解決には到達しないことがほとんどだと思います。問題行動が起こる状況、わんちゃんの状態、ご家族の接し方、おうちの中のストレス要因、外のストレス要因、疾患による要因…本当にさまざまな要素を考察して、正しい接し方で行動治療に臨まないと治療はうまくいきません。特に、罰を与える方法よりも上手くできたときにご褒美を与えるやり方が良いとされていますし、その方がわんちゃんも幸せです。

解決を目指す場合は行動治療を専門にできる動物病院や獣医師を受診することが必要だと思われます。かかりつけでやっていなければ紹介をしてもらうのが良いと思います。

わんちゃんとご家族にとって良い選択肢になれば幸いです。
ベスト
アンサー

片山政都 ロイヤルカナン認定栄養アドバイザー、救命救急資格

  • ブルーム動物病院(神奈川県横浜市鶴見区梶山)
  • 得意動物: 犬 猫  得意分野:猫伝染性腹膜炎(FIP)、呼吸器科、栄養アドバイス
はじめまして。よろしくお願いします。飼い主さんどちらか1人といるときには見られず、2人でいるときに見られる行動だとすると、構ってほしいとか飼い主さんを独占したいという気持ちから出てきている行動のように思われます。
まずは行動治療からやってみてはどうでしょうか。具体的に言いますと、飼い主さん双方とワンちゃんがともに3人で何かをするという機会を増やすことです。例えば、散歩に3人で行ったり、ボール遊びなどを双方で投げ合って遊んだり、ソファーなどでも2人の間においでと言って呼んだりなどとにかく3人で何かをしたり一緒にいたりするイベントを増やしてあげることがいいかなと思います。もしそれらをやっても改善されない場合は次の段階としては、サプリメントを使ってみるのが良いかと思います。ジルケーンというサプリがあります。母乳の成分であるカゼインというものが含まれているものです。赤ちゃんが母乳を飲むと落ち着いて寝るように、同じような作用があります。もしそれをやっても改善されない場合は、次の段階としては薬物治療になります。フルオキセチンというお薬があります。少し落ち着かせてあげるようなお薬になります。一度行動治療を専門にしている動物病院さんで相談されてみるのが良いかと思います。