レッグカルベペルテス病と診断されました

2022/08/15 07:15

ぴーちゃん

香川県・40代・女性

年齢 0 才 9 ヶ月
性別 メス
品種
種別 トイプードル
詳細
いつから 3週間前
相談時の体重 3.3kg
相談種別 骨・関節

かかりつけ医からレッグカルベペルテス病と診断されました。そこの病院では痛み止めを飲みながら様子をみましょう。と言われました。
全く良くならないのでセカンドオピニオンで違う病院を受診したところ、手術しないと痛み止めでは治りません、と言われました。
どうしたらいいか分からず地元では大きな総合病院的な所に行ってみようと思ってるんですが、レッグカルベペルテス病は手術するて前みたいに普通に走ったりできるのでしょうか⁉︎
よろしくお願いします。

獣医師からの回答

ベスト
アンサー

野尻亮輔

  • 港南グラン動物病院(神奈川県横浜市港南区日野)
初めまして。神奈川県にあります港南グラン動物病院の獣医師野尻と申します。よろしくお願いいたします。

レッグカルペペルテス病は大腿骨頭が壊死してしまう病気であり、進行により壊死の範囲が広くなると大腿骨頭が骨折してしまうこともよくあります。

鎮痛剤の使用にて経過を見ていたとのことですが、改善が認められないということであれば手術の実施(大腿骨頭切除術)をお勧めいたします。

経験上、これまで、壊死した大腿骨頭を切除する手術の症例すべてにおいて(10症例ほどしかいませんが)日常生活に支障なくしっかりと足をついて走ってくれています。

しかしながら、やはり病的な要因で手術を実施するため、その後の関節炎のリスクや正常の足と比較すると股関節を伸ばすときに伸びが悪いなどの問題は出てしまうかと思います。

また、手術までのタイミングが遅く筋肉量の減少が顕著になってしまうと歩行の回復まで時間がかかってしまうため、診断が出ているのであれば早期の治療を実施していただいたほうがいいかと思います。