ハムスターのお薬・腫瘍について

2022/02/07 21:54

こぐま

福岡県・30代・女性

年齢 3 才 6 ヶ月
性別 メス
品種 ネズミ類
種別 ハムスター
詳細 ジャンガリアンハムスター ロシアンブルー
いつから 2~3日前から
相談時の体重 53.6g
相談種別 しこり・腫瘍・膿疱に関する相談

1歳5ヶ月のジャンガリアンハムスターです。
10ヶ月頃から腫瘍ができ病院に連れて行ったところ
「悪性かもしれないがまだ腫瘍が小さいのでお薬で
様子を見ましょう」と言われ服用していたのですが
急激に大きくなってしまいうんちを
口で取ろうとした際に噛んでしまったようで
出血してしまいました。
出血はすぐに止まりその後2回ほど出血したので
病院に事情を説明しお薬を処方してもらったのですが
塗り薬でした。
ハムスターの性質上塗り薬は「??」と思いつつも
受け取る際に「止血剤はありますか??」と
確認したところ
「配合されているので止血作用あります」
と受付の方に説明していただいのですが
薬を貰えた安心感でそのまま帰宅し
よく確認してみると写真のような成分でした。
ネットで調べてみるとハムスターに
使用した症例がなく使用してないのですが
使用して大丈夫なのでしょうか??
ハムスターの腫瘍の状況ですが手術を検討するべきか
このまま家で過ごさせてあげるのがいいのかとても悩んでます…
食欲と元気はあります。

獣医師からの回答

ベスト
アンサー

中井 千恵

  • 陽だまり動物病院(東京都稲城市押立)
処方された外用薬について、私は使用経験がないので、処方された 獣医師にお聞きになった方がいいと思います。成分を見る限りはハムスターに使用できそうですが、舐めてしまう可能性はあります。腫瘍に関してですが、実際に診察していないので何ともいえませんが、一般的に、小さい腫瘍を手術するのと、大きな腫瘍を手術するのとでは、手術のリスクが違います。写真を見る限りはかなり大きい腫瘍と思います。皮膚にできているようですが、筋肉や骨との関係なども手術の難しさに影響します。もともと、犬や猫と違い、手術前に詳しい検査をしたり、手術中に点滴をしたり、気管にチューブを入れて呼吸が停止した際に人工呼吸をすぐにできるようにしたり、貧血があれば輸血をしたりなど、手厚い処置が難しいハムスターにとって、しこりが小さくても大きくても、麻酔中に亡くなるリスクはある程度避けられません。また、手術が成功したとしても数日後に亡くなるということもあります。手術が可能かどうか、よく担当獣医師と話してみてはどうでしょうか。おおよその寿命が2年ですので、1歳5か月は、人で言えば60代くらいの初老期です。このまま手術をせずに内服や外用薬で緩和ケアをするという選択も、いちかばちか覚悟の上、外科手術に踏み切るという選択肢も、どちらも間違いではありません。いずれも予後について担当獣医師とよく話すことをお勧めします。
無料登録して獣医師の回答を見る