慢性腎不全と重度の歯周病

2023/09/12 01:26

北海道・0代・

年齢 17 才 4 ヶ月
性別 オス(去勢・避妊済み)
品種
種別 ミニチュアダックスフンド
詳細
いつから 3週間前
相談時の体重 6.4kg
相談種別 歯・口腔内

慢性腎不全、直近9/2の血液検査はBUN116、クレアチニン9、リンは15オーバー。

昨年9月から慢性腎不全の治療を開始。その後10月と今年の1月にステージ4になるも、それ以降ステージ1〜2を維持。

3週間前に食欲がなくなった。
その時BUN106、クレアチニン4.6、リン12.8。
点滴は昨年9月から毎日行なっている。
漢方薬やサプリも服用中。
3日前までは自力で水を飲めていたが、現在では自力で水が飲めず、強制給餌の状態。
しかし嚥下障害があるようにも見える。
鼻の穴は膿?流動食?で詰まっている。
よだれも多い。

1、2年前から重度の歯周病が気になっていた。
春先にはかたいものが食べられなくなっており、口臭がひどかった。
黄緑色の鼻水も時々あり、歯槽膿漏ではないかとホームドクターに言われていた。
口腔内の治療をお願いしたが、腎不全の治療が優先であったため現在まで未治療。

口を触られることを極端に嫌がり、指を入れて歯を磨こうと試みるも「キャン!」と鳴き叫ぶこともあった。
重度の歯周病(歯槽膿漏)が腎不全を悪化させていると考えるも、腎臓病の老犬で体力も低下している中、全身麻酔は難しいと言われているが、何か手立てはないか。

獣医師からの回答

ベスト
アンサー

宮 直人 日本獣医救急集中治療学会 RECOVER CPR受講

  • 奥沢すばる動物病院(東京都世田谷区奥沢)
  • 得意動物: 犬 猫  得意分野:呼吸器疾患 産科疾患 腫瘍疾患 救命救急
東京で開業医をしています、宮と申します。初めまして。 お辛い状況にある事、お察しします。 かなり昔から腎疾患と口腔内感染の助長は関連性を指摘されております。簡略にお伝えすると、慢性腎疾患→口腔内免疫低下:歯周病の悪化という図式が成立します。 犬の歯周病は言い換えれば口腔内細菌による歯茎の感染症でもあるため、外科的対応以外でのやれる事は ・口腔内消毒 :口腔用のヨードなど ・抗菌剤の使用  ・鎮痛剤の使用 などに限られます。このうちのいずれかを他の状況(腎疾患など基礎疾患)を合わせて考え対応できることを探すのが一つかと思われます。 まだ実施されていない項目があるようでしたら地元の先生とご相談の上でご一考ください。 お大事になさってくださいませ。
無料登録して獣医師の回答を見る