脳腫瘍ではないかと言われ、食事をとらなくなり13日経ちました

2022/08/31 20:06

たら

東京都・50代・女性

年齢 17 才 0 ヶ月
(正確な年齢は不明)
性別 オス(去勢・避妊済み)
品種
種別 ミックス(雑種)
詳細
いつから 1か月前から
相談時の体重 3kg
相談種別 その他

1か月ほど前から食欲がなくなり、それから10日ほどでまったく食事をうけつけなくなりました。現在、絶食13日目です。ただし、5日ほど前に少しだけドライフードを食べています。水は飲んでいます。ごくわずかな量を口のまわりに塗って食べさせたり、給餌器で口にいれたりしていますが、気管に入ってしまわないか心配です。現在数日おきに皮下捕液注射に、胃酸を抑える薬、吐き気を抑える薬等入れてもらっていますが、食欲に関して効果が見られません。miratazという耳に塗る食欲増進剤も使いましたが、効果が見られたのは1週間程度で、多少食欲が出たという程度です。
以下、当初からの経過です。7/27食欲がやや落ちたことから受診。血液検査により慢性腎不全の診断がつき、その影響で食欲が落ちているとのことでしたが、1週間程たったころにホルネル症候群の症状が左目に見られ、8/5に脳腫瘍ではないかと言われました。8/1に超音波で内臓、レントゲンで肺の検査を行い、腸は問題ありませんでした。肺は点状の影が少し見られました。以前は咳も見られましたが今は咳はありません。MRIは全身麻酔のリスクから見合わせるように言われました。まだかろうじて歩行はできていますが、左前足のつきかたが少しおかしいです。尿は1日に数回あります。5日前にタール便が数回見られました。点滴には脳腫瘍の炎症を抑えるというステロイドが入ったこともあります。そのときはまだ少量のご飯を自分から食べていましたが、徐々に薬の効果が出なくなり8/19からはステロイドを入れてもご飯を口にしません。口もとに近づけると嫌そうな顔をして残り少ない体力を使って移動するので、無理に食べさせることにも抵抗があります。吐き気はあるらしく、口をくちゃくちゃとしています。最近は浴室やシューズクローゼットに入ってしまうことも多くなりました。4.5kgあった体重は1か月で3kgになりました。8/27のみ、ドライフード3gを自分から食べました。どうしたらよいかわからず、途方に暮れています。

獣医師からの回答

ベスト
アンサー

野尻亮輔

  • 港南グラン動物病院(神奈川県横浜市港南区日野)
初めまして。神奈川県にあります港南グラン動物病院の野尻と申します。よろしくお願いいたします。

脳の疾患が疑われる状況ですが、MRI検査をしない限りは診断が難しい状況かと思われます。

しかしながら、MRI検査が現実的ではないとすると、少しでも本人の負担を軽減するためにできる限りの治療を実施していくしか方法はないかと思います。

ご飯を食べてくれない点に対する対策としては、現在食欲増進剤やステロイド剤を使用していても効果が低いとなるとやはり給餌処置をしていただくしか方法はないかもしれません。

誤嚥のリスクが心配ということであれば、経鼻カテーテルによる給餌処置を検討していただくのも一つかと思います。
これは鼻よりカテーテルを挿入し、先端を胃の入り口近くまで進め鼻に固定し、そこに流動食を流して給餌処置をするというものです。

食道カテーテルや胃カテーテルは麻酔処置が必要になりますが、経鼻カテーテルは無麻酔で処置することが可能です。

ストレスがかかる、見た目がかわいそうという点でハードルが高い処置ではありますが、消化器系に異常がなければ栄養を摂取することができますし、タール便に対する治療薬の投薬もしやすくなると思います。

一度設置したら2度と外せないというものでもありません。そのため、現在落ちてしまっている体力を回復させるための治療の一つとしてご検討いただければと思います。

タール便が出ていたということもあり、本人の体力が限界に近づいてきているかもしれませんが、少しでもたら様の猫ちゃんのお力になれれば幸いです。